厚生労働省が2014年度の労災補償状況を公表した。

「心の病」で労災請求をした人が1,456人(うち認定者497人、自殺・自殺未遂者99人)で、いずれも1983年の統計開始以来最高となった。

認定者が最も多い業種は道路貨物運送業で、社会保険・社会福祉・介護事業、医療業と続く。

脳・心臓疾患で労災認定された人も277人で、前年度からは減少したがここ数年300人前後の高止まりが続いている。