雇用保険法等改正案が審議入りした。
介護休業について最大3回までの分割取得を可能とするほか、対象家族を拡大する。
また、介護休業給付金の支給率を休業前賃金の40%から67%に引き上げる。
この他、雇用保険料率の0.8%への引下げや子育て支援向け拠出金の増額、65歳以降新たに雇用された者への適用拡大等も盛り込まれている。
政府・与党は3月中に法案を成立させ、4月以降順次施行したい考え。