政府税制調査会は、24日の総会で、医療費控除や保険料控除などの手続きを自動化する方針を確認した。
マイナンバーカードを活用して医療費や生命保険料などのデータを国税庁のシステムに送ることで、確定申告書での記載が不要になる。
早いものは2021年分から始める。