厚生労働省は、介護休業の制度を見直し、休業を3回まで分割して取得できるようにする。
また、3歳未満の子供を養育する労働者の申出による残業免除について、介護の場合も対象とするよう企業に義務付ける制度も導入する。
さらに、非正規労働者が育児休業を取りやすくなるよう、契約が終了してその後の契約更新もないことが明らかな場合を除き、育休取得が認められるように要件を緩和する。
来年の通常国会に育児・介護休業法の改正案を提出する方針だ。