政府は介護保険法改正案を閣議決定し、国会に提出した。2018年8月より大企業の会社員等の介護保険料を増額し、現役並みの所得がある高齢者の自己負担割合を従来の2割から3割に増やす。
また、高齢者・こども・障害者といった福祉関連の相談窓口を一元化する内容も盛り込まれている。