2016年度における介護福祉士の受験申込者数が約7万9,000人となり、例年のおよそ半数に減少したことがわかった。
新たな受験資格として「450時間の実務者研修」が加わったことが要因。