厚生労働省は、2019年度から介護事業所の認定制度を始めることを明らかにした。
職員の人材育成や職場環境の改善のために、キャリアパスの仕組みや休暇取得、育児・介護へのサポート、資格取得への支援制度の有無などを評価する。