文部科学省が2016年度の「公立小中学校の教員勤務実態調査」を公表し、平日の学内勤務時間が増加している実態が明らかになった。
中学校教諭が平均11時間32分、小学校教諭が11時間15分で、10年前との比較でそれぞれ32分、43分の増加。過労死リスクが高まるとされる月平均80時間以上の時間外労働を行う教諭は、中学校で約6割、小学校で約3割いた。