厚生労働省は、中小企業が残業時間を抑える目的で新規に従業員を雇用した場合に支給する助成金「働き方改革支援コース」を新設する。
雇用保険法施行規則を改正し、4月から導入する。支給額は短時間労働者1人に40万円など。