厚生労働省は、違法残業などの監督指導を強化するため、2018年度から労働基準監督官のOBを非常勤職員として雇用する考えを示した。
監督官の人手不足に対応するもので、約50人の採用を予定している。