2024年4月から適用される「医師の残業の上限規制」の原案がわかった。
医師不足の地域においては特例として「年1,000~2,000時間」までの残業を容認し(2035年度末までの特例措置)、一般の医師については「休日労働込みで960時間」を上限とする方針。