厚生労働省は、公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討に入った。
毎月の年金額を65歳開始に比べて2倍程度とする方向。2020年中に関連法改正案の国会提出を目指すとしている。