厚生労働省と財務省は、18歳未満の子どもをもつ1人親家庭に支給する児童扶養手当の額を引き上げる方針を示した。
現在、1人の場合は4万2,000円が支給され、第2子は5,000円が、第3子は3,000円がそれぞれ加算されるが、第2子以降の加算額を数千円程度増やす方向で調整する。
子育て世帯への支援を厚くするのがねらい。