厚生年金の保険料率が10月の納付分から上がり、2004年の年金改革で設けられた上限の18.3%に達した。
今後は固定されることになり、限られたお金を世代間でどう分配していくかが課題となる。