同一労働同一賃金の指針(ガイドライン)策定の議論が、労働政策審議会の部会で始まった。
原案では、2016年に公表された指針案に「格差を解消するために労使の合意なく正社員の待遇を引き下げるのは望ましくない」と追加した。厚生労働省は年内に指針を公表する方針。