厚生労働省が「平成25年度 国民医療費」を発表し、同年度に使われた国民医療費は40兆610億円(前年度比2.2%増)と7年連続で増加し、初めて40兆円を超えたことがわかった。
1人当たりの医療費は31万4,700円(同2.3%増)。
同省は、高齢化や医療技術の高度化が主な要因であると分析している。