厚生労働省は、労災による死亡認定がなされた外国人技能実習生は、2014年~2016年度の3年間で計22人(うち、過労死は1人)に上ったと発表した。
政府の統計で実習生の労災死の実態が明らかになったのは初めて。