政府は、年金受給資格期間を25年から10年に短縮する「年金機能強化法改正案」を閣議決定し、臨時国会に提出した。
成立すれば新たに約40万人が基礎年金の受給権を得ることとなる。
初回は来年10月に9月分を支給。予算として年間約650億円が見込まれている。