厚生労働省の小委員会は、2015年度の最低賃金を全国平均で18円引き上げ、798円にする目安を決めた。
目安を時給で示すようになった2002年度以降、最大の上げ幅となる。

引上げ幅の目安は、都道府県ごとに経済状況等に応じて4つの分類に分けられる。
目安通りに引きあがるとすれば、最低賃金の最も高い東京で907円、最も低い鳥取、高知、長崎、熊本、大分、宮崎、沖縄は693円となる。