厚生労働省は、今年度の最低賃金について各都道府県の審議会の答申状況を発表した。
引上額の平均は前年度比18円アップで、2002年度以来最大の引上げ幅となった。10月から適用される。
最高額は東京都の907円で、最低額は鳥取県、高知県、宮崎県、沖縄県の693円。