政府が発表した2014年度平均の有効求人倍率が1.11倍(前年度比0.14ポイント増)となり、バブル期末期の1991年度(1.34倍)以来23年ぶりの高水準となったことがわかった。1倍台を回復したのはリーマンショック前の2007年度以来。