厚生労働省は、教育訓練給付を拡充する方針を固めた。
現在、語学やパソコンなど幅広い講座を対象とする「一般教育訓練給付」で上限を年間10万円として2割まで助成しているが、これを最大4割まで引き上げる。
2019年度からの実施を目指す。