雇用保険料の引下げなどを盛り込んだ雇用保険法改正案が衆議院本会議で可決された。
同法案には、育児休業期間を最長2年に延ばす育児・介護休業法改正案、いわゆるブラック企業の取締まりを強化する職業安定法改正案などを含めた一括法案で、年度内に成立する見込み。