政府は、60歳以上で起業した事業主を対象に、高齢者を複数雇用すれば200 万円を上限に実費の3分の2、40~59歳の場合であれば150万円を上限に実費の半額を助成する仕組みを今年4月にも設ける案を明らかにした。

60歳以上の高齢者を2人以上雇うか、40~59歳の中高年者を3人以上雇うことを条件とし、雇用後に1回だけ支給する方針。
2016年予算成立にあわせ、厚生労働省が省令を改正する考え。